利用している人は

お金の画像

キャッシングを利用している人は、20代〜60代の男女です。
20代でカードを持って、そのまま継続して利用している方が多く、利便性の高さが伺えます。
金利はかつてよりも大幅に下がっており、新規利用者も増えております。
消費者金融では4.7%〜18.0%、4.5%〜17.8%といった金利が多く、銀行では3.8%〜14.5%、4.5%〜14.6%といった金利が多くなっています。
消費者金融と銀行の違いは、金利の上限に差があることでしょう。

 

初めてキャッシングに申し込む方は、消費者金融、銀行の2つから選ばれることが多いです。
銀行系は消費者金融に属しており、貸金業者という形態になっているため、総量規制の適用となります。
銀行の場合は適用外となるため、銀行系とは名称が似ていますが、別会社のローンだと考えていいでしょう。

 

キャッシングは入会金・年会費がかからないので、借入金に対する利息以外のコストは不要です。
借入金に対して実質年率(年利)が発生しますが、これは日割りとなっているので、25日間借りたら、25日分の利息がつきます。
返済期間を短くしたほうが得なので、理由なく長期借入するのは避けるべきでしょう。
賢くお金を借りるコツは、少し借りてすぐに返すことです。
これは多目的ローンに共通することであり、ローンで失敗しない方は、ほとんどが少し借りて返しているのです。
たくさん借りると、返すまでに時間がかかり、利息も増えてしまうので合理的とは言えません。

 

>>お金借りるならこちら<<